サイトをご訪問くださり
ありがとうございます。

『光と彩(ひかりといろ)』は、

日本の食文化や伝統、
暮らしのマナーを通し、
「心を結ぶ」
をコンセプトに、
情報を発信しています。

皆様の心地よい
コミュニティ創りに、
そして、
おひとりおひとりの
暮らしの片隅に
そっと寄り添うことができましたら
何よりの喜びでございます。

 

-心を結ぶおもてなしlab-
光と彩

 

思いを届ける暮らしのマナー

Facebook、インスタグラム、Twitter・・・
最近はSNSを使って、
気軽に相手にメッセ―ジを届けることができる
大変便利な時代になりましたね。

 

ところが便利になる一方で、
直接言葉を交わすことが
少なくなっただけでなく、
無責任な発信によって人を深く傷つけ、
苦しい思いをする人がいることは
悲しい現実です。

現代に生かされている私たちは、
時代の流れに乗る一方で、
絶対に無くしてはいけない大切なことを
意識的に心に留めておく必要があります。

 

マナーは、
生まれた国や環境、時代、文化、宗教など
多くの要因により
長い歴史を経て培われるものです。

 

我が国には、世界に誇るべき
「おもてなし」文化があります。

おもてなしはどちらかが与える
一方的なものではありません。

気配りや心遣いなど
お互いを思いやる気持ちによって
織りなすものです。

 

日本の食文化の継承

直線距離約3000㎞、
春夏秋冬の季節がはっきりとした
我が国「日本」。

四方を海に囲まれた
島国でありながら、
国土の7割は針葉樹林を中心とする
山国でもあります。

年間を通して豊富に流れる
美味しい水

海・山・里の
豊富な食材

複雑な地形により
文化や慣習が異なる多様な地域

自然や季節の移ろいを表現する
繊細な感性

収穫される食材のうまみを
独特の調理法により
最大限に引き出す知恵

こうした奇跡とも思える
日本の食文化は、
先人たちの舌と技術によって
長い歴史の中で
養われてきました。

 

そして、
栄養バランスに優れた
一汁三菜という食事形式を生み出し、
今も私たちの食生活の基本として
根付いています。

近年日本食は健康的な料理として
世界からも称賛され
国内でも見直されています。

ライフスタイルが変わっても
食を大切にする心や
伝統的な和食文化を
未来へとつないでいくことは
私たちの義務であると考えています。

 

 

人と人、心と心を結ぶ『水引』

 

水引は、はるか古の飛鳥時代、
遣隋使の際に中国から贈られた
返礼品にかけられていた
紅白の麻紐が起源だといわれています。


それから1400年続く水引文化は、
他人を思い丁寧にもてなしたい
という日本人の心と共に
各地で独自の発展を続け、
現在まで脈々と
受け継がれてきました。

 

GLOBE KNOT
(水引アクセサリー)

私共が制作している
作品コンセプトは
「GLOBE KNOT」。

GLOBE(グローブ)には
「球・球体・地球・世界」、
KNOT(ノット)には
「結ぶ・縁・絆」
という意味があります。

 

繊細で美しい水引を身に着け
親しんでいただくと共に、
皆様に良きご縁(KNOT)がありますように。

また、和装洋装どちらでも合わせやすい
スタイリッシュなデザインを心掛け、
国境を越え(GLOBE)
人と人との心が平和で結ばれ(KNOT)
ますようにとの願いを込め、
ひとつひとつ丁寧に手作りしています。

 

 

飯田水引

当ショップで使用している主な水引は
長野県下伊那・飯田地方で作られている
「飯田水引」です。

飯田市の風景

 

飯田水引とは・・・

長野県の南部、伊那谷に位置し、 諏訪湖から太平洋へ注ぐ天竜川の中流域にある下伊那・飯田地方。
ここで何世代にも渡って伝え続けられてきた伝統工芸が「飯田水引」です。

強く丈夫な和紙で作られた良質な水引は、日本古来の伝統的風習に用いられる雅やかにして美しさを象徴するもので、元禄時代(江戸時代1688年~1703年)から伝統的な手法により生産されてきました。

全国に出荷され、現在では水引製品全国シェアの約70%がここで生産されています。

 

 

毬飾りについて

当ショップで紹介している毬飾りは
水引ライナー主宰micino氏が
5年の年月をかけ考案し、
その想いと技術を受け継ぎ認定を受けた
毬遣いによる正規品です。

 

 

© 2022 光と彩 -HIKARI TO IRO- Powered by AFFINGER5